老後のためにリフォームした方がいい場所とは

今後の生活を支えるリフォーム総合情報サイト

>

リフォームをする決め手!そもそもどこを見たらいい?

やっぱり水回り?

突然ですが、点検においてやっぱり気になるのは水回りではないでしょうか?
水回りは湿気が原因でカビが繫殖してしまうのはご存知かと思います。
確かに一番確認するべき場所でリフォームした方がいい場所でもあるかもしれません。
しかし、そこだけに目が行ってはいけません。
カビというのは、水回りだけでなく部屋の天井にも潜んでいるのです。
雨の日による湿気はもちろん、部屋干しによる湿気も考えてられます。
つまり、カビが原因で水回りだけリフォームするという考えは良くないかもしれません。
リフォームは部屋の外だけではありません。
もしかすると湿気とカビが原因で外壁が一部腐っている可能性もあるので確認が必要になってくるのです。
もし、湿気に悩まされているなら外も確認した方がいいかもしれないですね。

狙われている一家の大黒柱

先程、湿気が原因で柱が腐ると記載しましたが、もちろんそれだけが原因でリフォームしなければいけないという訳ではありません。
ある虫が原因でリフォームしなければならない事態があるのです。
それが、皆さんご存知のシロアリです。
シロアリは基本的に木材を食べており、暗い湿気のある環境を特に好みます。
つまり、皆さんの家の大事な大黒柱が狙われる可能性があるのです。
最近は、基礎もしっかりして鉄筋コンクリートになってきましたがその上は木の柱である家は多いです。
ですので、家の柱が食べられて柱が宙に浮いているという現象もあるわけです。
リフォームしたいからと言って家の中だけではなくまんべんなくみて、10年後、20年後も安心して住める家づくりにしていかなければならないのです。


TOPへ戻る